ここをクリックすると、地域情報インデックスに戻ります。観 光 (小松地区)


地域情報INDEXへ戻ります。観光トップへ

NO 名  所 説   明 写  真
いしづち
ハイウエイオアシス
 西日本最高峰の石鎚の自然が体験できる「石鎚展示館」をはじめ,写真美術館や特産品市場、レストランなど、ドライブ途中の休憩はもちろん、レジャー施設としても楽しめる憩いと体験のオアシスです。
小松中央公園 憩いのゾーンやオートキャンプ場、スケートボード場やグラウンドゴルフ場など、リラクゼーションの場として地域の皆様に喜ばれています。
だんじり祭り 夜間に100張り近い提灯を蝋燭で点して練るだんじりは、江戸時代を彷彿とさせる「錦絵巻き」で見物人を幻想の世界へ誘い、魅了してやまない。
法安寺 飛鳥時代の創建と言われる県下最古の寺院遺跡。聖徳太子の命を受けて、国司越智益躬が建立したとも伝えられています。
とうどばやし 小正月である1月15日に、家庭の注連飾り・門松・古い御札等をはやす先祖から受け継いできた習慣的な年中行事です。
石鎚山 愛媛県と高知県境に聳え、標高1982m、西日本最高峰の霊山である石鎚山は、古事記にも記され、鎌倉時代初期に「役の小角」の開基と伝えられており、山岳宗教の修験場として知られています。
近藤篤山旧邸 近藤篤山は享和三年、賓師として小松藩に迎えられ、以来藩での教育に多大な貢献をしました。藩校「養正館」での教育をはじめ、広く民衆に日常の心がまえを解いた講義、私塾での教育など、その教育精神を当時の使用映像による解説をまじえながら紹介します。
四国霊場
第60番札所

横峰寺
このお寺は石鎚山系の海抜750mの山懐にある。石鎚山西の遙拝所であり、山裾より山頂まで全景が見られる場所でもある。冬季は積雪があり、道路が凍結するので、バスも12月21日より2月末日まで運休する。
四国霊場
第61番札所

香園寺
12月31日夕方〜1月7日午前中、毎日3座都合21座の護摩を修して、信者の心身健康、家内安全、事業の順調な発展、善願の成就を祈祷する。
10 四国霊場
第62番札所

宝寿寺
正月大護摩供養会、四万六千回観音参拝巧徳日他

地域情報INDEXへ戻ります。観光トップへ

前のページに戻る ページ先頭へ